アズマヒキガエル
分類 無尾目ヒキガエル科ヒキガエル属アズマヒキガエル
分布 東北地方~近畿地方・島根県東部までの山陰地方北部
生息地 森林、周辺の農耕地
大きさ 雄 4.3~16.1cm、雌 5.3~16.2cm
鳴き声 甲高い声で、クックックッ...
メモ 西日本のニホンヒキガエルと東日本のアズマヒキガエルの2亜種に分かれます。北海道や佐渡、伊豆大島に人為的移動で生息しています。

繁殖期

5月1日16:08。繁殖期で水辺に寄ってきた個体。珍しく池に浮いています。

5月3日9:16。繁殖期に湿地に集まったヒキガエル。褐色や赤っぽい体色の個体がいます。

卵塊、オタマジャクシ

5月4日14:58。林道脇の水たまりに産卵されていました。ヒキガエルは紐状の卵塊で、長さ最大5m、卵数は1,500~8000個に達します。ここは湧水で水が枯れることはありません。他にトウホクサンショウウオも産卵します。

5月22日16:14。アズマヒキガエルのオタマジャクシ。黒くて、そして成体はあんなに大きいのにオタマジャクシは小さいです。

アズマヒキガエルいろいろ

6月28日6:49。林道を移動中のヒキガエル。林道でよく出会います。ずんぐりした体型です。

9月27日15:58。山の中にあるリンドウ畑で、農道の斜面の穴で休んでいるヒキガエル。